自己処理の脱毛で気をつけておきたい点とは

自分で脱毛をする場合には、いくつか注意をしておく点があります。まずカミソリや毛抜きを使う場合です。



カミソリを使う時は、必ず石鹸やフォーム、クリームなどをたっぷり延ばしてから、剃るようにしましょう。

何もつけずに、皮膚にいきなりカミソリを当てると、肌の表面にある角質部分が削れてしまい、ダメージのもととなります。また毛抜きを使う時には、蒸しタオルを使うか、あるいはお風呂上りを利用して、毛穴が開いている時に行うようにしましょう。

これもいきなり毛穴を引っぱると、皮膚にダメージが出てしまいます。



クリームやワックス、ジェルを使う時は、必ず所定の時間を守りましょう。



あまり長い間放っておくと、皮膚によくありません。

またクリームなどを使っていて、皮膚が赤くなったり、発疹が出たりしたような時は、すぐに皮膚科のクリニックに行きましょう。

それから家庭用に脱毛器を使う時も、使用上の注意をよく守り、毛周期に沿って処理を行うようにしてください。

何日も立て続けに処理をしたりすると、かえってマイナスになってしまいますので気をつけましょう。それからVIOゾーンのようにデリケートで、自分の手が届きにくい部分は、やはり自己流ではなく、エステやクリニックにまかせるのことをお勧めします。自己流で処理をしていると、その部位を傷つけてしまうこともあります。

知らず知らずのうちにその傷が悪化して、炎症を起こしたりすることもありますので、自己処理で脱毛をする時は、自分の手が届く範囲、自分の目で見える範囲に留めておきましょう。